カミサマという名の神様
「あ・・・・」
--------------------------------
さやとゆうはびっくりしました。
--------------------------------
そこには、家で鎖に繋がれているはずのおにいちゃんと、
いつも母親にムチでめった打ちにされているはずのおねえちゃんに
そっくりな二人が、あの不思議な小さな子供を抱いていたからです。
--------------------------------
「小さな子達よ、袋を持って願いなさい。
自分がなりたくてなれなかったものを。」
彼らはそう言うと消えてしまいました。
--------------------------------
二人はカミサマにもらった小さな袋を取り出しました。
--------------------------------
貰ったときには何も入っていなかった袋から
小さな箱が出てきました。
その箱を開けた途端、
今までずっと夢見てきたことが次々と飛び出してきました。
--------------------------------
--------------------------------
気がついた時にはさやとゆうは
家の自分の寝床に横たわっていました。
--------------------------------
(あれは夢だったのかな・・・・)
--------------------------------
二人はそれぞれそう思いました。
--------------------------------
しかし、彼らが寝床からゴソゴソと這い出てきて、
鏡をみるとそこには、
--------------------------------
長い髪を二つに結んでいた男の子は、
すっきりとした髪型になり黒い服を着ていました。
坊主頭だった女の子は、
ずっと憧れていた長い髪を一つに束ねて白い服を着ていました。
--------------------------------
「わあぁ!!」
--------------------------------
二人はびっくりしました。
昨日のことは夢じゃなかったんだと思いました。
彼らは朝食をそこそこ食べて、急いで家を飛び出しました。
--------------------------------
(お礼を言わなきゃ!!)
--------------------------------
二人は途中で合流すると顔を見合わせて抱き合って喜びました。
--------------------------------
「挨拶に行こう!!」
さやは言いました。
「行こう!!」
ゆうは言いました。
--------------------------------
二人はもう名前も気にならないぐらい嬉しくて、
名前は変わらなくていいやと思いました。
彼らは走りました。
途中いつも裸で寒風摩擦しているはずのおばあさんは、
クワを持って畑仕事をしていました。
いつもクワを持って畑仕事をしているはずのおじいさんは、
裸で寒風摩擦をしていました。
「何だか今日は違うね。」
「うん」
走りながらいつもとは違う風景を見ながら、
あの不思議な子供のいるお社へ急ぎました。
--------------------------------
--------------------------------
お社がある山は、山火事で全部燃えているはずでした。
しかし、二人がたどりつくと何もなかったように
いつもの長い階段と頂上には霧がかかっていました。
--------------------------------
「あれ?」
「あれれ?」
--------------------------------
二人は首をかしげました。
--------------------------------
「何で!?」
--------------------------------
二人はそろって叫びました。
--------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------

背景